スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッピングwords 4@ACIDITY

2007.06.12.22:41

珈琲の酸味にはわかりやすく分けると2種類ある。
珈琲豆本来が持っている酸と酸化による酸。
日本人が一般的に酸を嫌うのは後者の要素が強いからであろう。
今回のいう酸は、あくまで豆本来が持っている酸を評価したい。

この酸を評価するには安定したカッピングスキルが必要だ。
珈琲液を口の中にスプレー上に吸い込む具合を安定させて評価する。

Lively(鮮やかな)
Refined(洗練した)
Firm(しっかりと)
Soft(ソフトな)
Having Spice(芯の通った)

マイナス評価
Sharp(鋭い)
Hard(ハードな)
Thin(薄い)
Dull(ぼんやりとした)
Acetic(酸っぱい)
Sour(酸っぱい)
Flabby(しまりのない)
Biting(鋭い)
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

coulis

Author:coulis
日常の中にほんわか幸せを目指して2007年より活動を続けています。mamaバリスタくーりがお送りする、珈琲にまつわるあれこれ。

HPはこちら。http://cafedecoulis.wix.com/info
Online Shopはこちら。http://cafedecoulis.shopselect.net/

Facebook,Twitter,LINE,instagramもやってます。
カフェくーりで検索お願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。