スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルサルバドル

2007.05.24.20:10

2006年カップオブエクセレンス5位入賞のエルサルバドル モンテネグロをフレンチプレスでいただいた。

中南米産豆はバランスがよく、程よい酸味が特徴である。
今回カッピングしたエルサルバドルは、際立ってさわやかな香りで、明るい酸味を感じる。すっぱいのではなく、甘い酸味。もともとコーヒーの酸味を敬遠していた私はこの質の良い酸味にすっかりはまってしまっている。
コーヒーのコクを供えながらも後味はその上質な酸によって、あま~く消えていく。

中南米エルサルバドル共和国は首都サン・サルバドル。
面積は21,000km2、人口は676万人(2004年)、主要言語はスペイン語。
1956年に設立された国立コーヒー研究所が農業の技術指導と産業振興を行っており、小規模な農業が多いながらも品質改良や生産技術を研究する努力がなされている。

今後もエルサルバドル産のコーヒー豆に期待したい。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

coulis

Author:coulis
日常の中にほんわか幸せを目指して2007年より活動を続けています。mamaバリスタくーりがお送りする、珈琲にまつわるあれこれ。

HPはこちら。http://cafedecoulis.wix.com/info
Online Shopはこちら。http://cafedecoulis.shopselect.net/

Facebook,Twitter,LINE,instagramもやってます。
カフェくーりで検索お願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。