スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーの品種

2007.07.02.21:00

アカネ科コフィア属の常緑樹である「コーヒーノキ」。
主に流通しているのはアラビカ種、ロブスタ種、そして病虫害(さび病など)対策として交配種が多種誕生している。

アラビカ種
 原産地:エチオピア
 生産比率:70%程度(交配種含む)
 栽培条件:気温15~24℃、標高450~2300mが適。
      気温や雨量・土壌が限定されやすい。
      耐病性低い。
 樹高:5~6m
 生豆の形:平べったい楕円形
 主な生産国:ブラジル。コロンビア。ペルー。ジャマイカ。
   ベネズエラ。コスタリカ。ニカラグア。ホンジュラス。
   エルサルバトル。メキシコ。グアテマラ。エチオピア。
   タンザニア。ケニア。インドネシア。インド。
   パプアニューギニア。ハワイ。オーストラリア。等

ロブスタ種
 原産地:コンゴ
 生産比率:30%程度
 栽培条件:気温24~30℃、低地栽培可能。
   病害虫に強く栽培管理が容易。
   単位堆積あたりの収穫量はアラビカ種よりも多い。
 樹高:10m
 生豆の形:丸みのある短い楕円形
 主な生産国:ブラジル。マダガスカル。ウガンダ。コンゴ。
   カメルーン。コートジボアール。インド。インドネシア。
   タイ。ベトナム。等
スポンサーサイト

コーヒーチェリーの構造

2007.07.01.22:43

コーヒーチェリーの果肉は外皮に覆われている。
コーヒーチェリーの果肉はジェル状で、この果肉の中には、内果皮(パーチメント)がある。
完熟度の高いチェリーニは、パーチメントの周りに、糖分の高い粘液質(ムヒラージ)が発達する。これは、カップコーヒーの味に影響するといわれている。

完熟度が一定の豆を集めて仕上がったコーヒー。。。
酸をやさしく包み込み、香りの中で甘みがいっぱいに広がる極上の一杯であろう。
プロフィール

coulis

Author:coulis
日常の中にほんわか幸せを目指して2007年より活動を続けています。mamaバリスタくーりがお送りする、珈琲にまつわるあれこれ。

HPはこちら。http://cafedecoulis.wix.com/info
Online Shopはこちら。http://cafedecoulis.shopselect.net/

Facebook,Twitter,LINE,instagramもやってます。
カフェくーりで検索お願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。